2018年12月9日(日) 第1回『かがわ政経スクール』開催

活動報告2018年12月10日

国民民主党2018年第1回『かがわ政経スクール』が開講され、会社員、労働組合役員、現職議員、さらには県連所属議員も含め、計12名が参加してのスタートとなりました。

 

冒頭、玉木雄一郎(衆議院議員・県連代表)塾長より、皆さんとお互いに意見を出し合い、成長していけるような、実りのあるスクールにしたいとの挨拶がありました。

 

第一部は、引き続き、玉木雄一郎塾長が講師を務め、「国民民主党とはどのような政党か」「どんなことをしようとしているのか」、というテーマで、結党時にかかれた綱領にこめられた思いや、政党の政治的な立ち位置、また新しく発表されたタグライン等について、代表としての熱い思いが伝わる内容となりました。

 

第二部は、五味伸亮観音寺市議会議員が講師を務め、志を持ったとき、実現したい目標に出会ったときにどのような手順で考えていけば実現につながるのか、実際、五味議員はどのような形で実践してきたかを紹介し、スクール生も自分に置き換えて一緒に考えてみようという内容でした。

 

質疑応答の時間では、ほとんどの参加者から質問や意見が出され、積極的にこのスクールを活かして成長しようという思いが伝わり、講師の玉木、五味両議員に加え、他の自治体議員からも意見やアドバイスが寄せられ、やる気に満ちた雰囲気の第一回スクールとなりました。

 

次回は年明け2月を予定していますが、随時参加者を募集しておりますので、興味のある方はぜひ、県連事務所までお問い合わせください。