2018_03_04 2018年民進党香川県連定期大会

活動報告2018年3月5日

 3月4日(日)高松市内のホテルにて、「2018年度 民進党香川県総支部連合会定期大会」を開催いたしました。

党員・サポーターの皆さま、そして多くのご来賓の皆さまにお越しいただきました。

代表して連合香川 森信夫会長、社民党香川県連合 米田晴彦副代表、希望の党 玉木雄一郎代表、小川淳也衆議院議員、そして民進党本部からは増子輝彦幹事長よりご祝辞を賜りました。

「香川県連代表代行 山本悟史」

 

「連合香川 森 信夫会長」

「社民党香川県連合 米田晴彦副代表」

「希望の党 玉木雄一郎代表」

「小川淳也衆議院議員」

「民進党 増子輝彦幹事長」

 

党員(元丸亀市議会議員)佐野大輔氏が大会議長に選出され、代表代行山本悟史より、議案の提起を含む報告をおこないました。

・第1号議案 2017年度活動報告、2017度決算報告、監査報告

・第2号議案 2018年度活動方針(案)、2018年度予算(案)

・第3号議案 新役員選出(案)

は、全会一致で承認をいただきました。

 

議長退任後、 4月の綾川町議選県連推薦候補者の川崎泰史氏をはじめ、県連所属の自治体議員より、それぞれ決意表明が述べられました。

綾川町議選の川崎泰史候補者の必勝と、一日も早い希望の党との再合流を目指し、新代表山本悟史のガンバロウ3唱で大会を締めくくりました。

 

皆さまより頂戴いたしましたお言葉を胸に刻み、これからも県民向上に努めてまいります。引き続きのご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。